So-net無料ブログ作成

安倍晋三 病気 薬 [ニュース]

スポンサーリンク




安倍晋三 病気 薬

自民党総裁選が2012年9月16日午後開票され、

安倍晋三元首相(58)が第25代総裁に選出されました。

安倍晋三元首相は総裁選後の両院議員総会で

5年前に突然、首相を辞任し迷惑をかけた。  責任をしっかりと胸に刻み、政権奪還に向けて全力を尽くしていく

とコメント。

自民党は、安倍晋三氏のもとで、

再び第一党へ返り咲くことができるのでしょうか?

そんな中、ネット上では安倍晋三氏が自民党新総裁になったことで、

安倍晋三氏の持病である潰瘍性大腸炎という病気を

書き込む方が多いようです。

理由は、以前彼が突然の首相辞任となってしまったのは 潰瘍性大腸炎が原因ではないかという

憶測が耐えなかったからです。

潰瘍性大腸炎は、難病に指定されている病気で

主にストレスが原因で起こる病気です。

腹痛や下痢が激しく、場合によっては

思うように日常生活が送れないケースもあります。

過去に自民党首相として責務を全うしていた

安倍晋三氏は、強いストレスで持病の潰瘍性大腸炎が悪化したと思われます。

首相辞任後、潰瘍性大腸炎の治療に励んだようですが、

アサコールという新薬のおかげで、だいぶ良くなったようです。

アサコールは、当時保険適用になっていなかったようですね。

相当高額な値段を払って、治療に励んでいたんでしょう。

本人は、潰瘍性大腸のことはもう心配無用のようですが、

今は、政権奪還の課題はもちろん、

尖閣諸島問題といった重い問題もあります。

持病が原因で、前回の二の舞にならなきゃいいのですが。

「政権奪還に力尽くす」と宣言した安倍氏




スポンサーリンク



nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。